‘2.機能’

シフト管理

2012-04-28

シフト作成は店舗のチーフが行い、勤怠の締め処理(給与計算)は本社人事部で行う、といったように業務ごとに別の担当者が作業を行う場合は、各担当者がExcelで作成したシフトをクロノスへ取り込むことができます。

勤務表の作成

2012-04-27

勤務表はレイアウトを自由に変更できます。
また、作成した勤務表は、CSV、PDF、Excel、HTMLへ出力可能です

有給管理・残数管理

2012-04-26

有給の管理は「前年度から」「本年度から」を設定できます
代休や、残数の管理も可能です

計算変数の設定

2012-04-25

計算式は最大100通り設定できます。
労働時間数に応じて、休憩時間を算出するなどの計算も可能です。

事由の登録

2012-04-24

直行/直帰、出張、有給、病欠、振休、遅刻、早退・・・「事由」は最大999通り登録できます。

また、「事由」に計算機能を設定することができるので、集計業務の正確性と短縮にも繋がります。

勤務区分の登録

2012-04-23

夜勤/日勤、早番/遅番、フレックスなど勤務区分は最大1000通り登録できます。
さまざまな就業形態をきめ細かく設定できます。

週集計、月集計処理

2012-04-22

週集計
・週ごとの集計が可能です。週40時間チェックも簡単にできます。
月集計
・日々の残業は1分単位で計上し、ひと月分を集計する段階で30分単位の四捨五入をする
・ひと月160時間を越えた時間を残業とする
  など、月集計処理も可能です。

申請残業に対応

2012-04-21

残業申請をしていなければ残業計算をしないように設定できます。

退出打刻時間ではなく、承認された時間で残業計算を行うことができます。

Copyright(c) 2013 勤怠管理館 All Rights Reserved.